葬式のマナーは知っておかなくては恥をかく

葬式のマナーは何も知らないと恥をかくことになります。
今、まだ自分の身には関係のないことと考えている人も知識やマナーは身に付けて、喪主や遺族として知っておくべきことや、参列する側として最低限のマナーを知って失礼のないように対応しましょう。
遺族側の対応としては、危篤や臨終の際の訃報連絡に始まって、葬儀後の対応に至るまで、喪主や遺族のすべきことはたくさんあります。
悲しみに打ちひしがれているまもなく遺漏なく、そして失礼にならないような対応が必要です。
不幸があった際にすぐすることは菩提寺に連絡をすることです。
そして葬儀の相談をします。
仮に菩提寺が遠い場合でも、近くの同じ宗派のお寺を紹介してくれる場合もあるので、必ず連絡をしなくてはなりません。
菩提寺の都合や火葬場の空き状況、そして葬式を行う斎場の予定を確認出来たら、葬儀社と相談して執り行う日程を決めます。
その際には、自分たちの都合ばかりではなく、参列者の人数を想定したり、参列していただく方の交通の便も考慮に入れたうえで、場所を決めることも大切です。